できごと。

修行-投擲スキル 報告其の壱

20090222

忍者LV54のわたくし。コロロカのスライムJellyを相手に、円輪(チャクラム)だけを武器に頑張ってきました。普段着のサベジセパレーツに脚だけは回避スキル(かっこ、夜だけ、かっこ閉じ)アップのあるAFを装備。同様に回避が上がるエアロスタッフを背中に背負った姿です。結果、スキル80迄はコロロカで上がる事が判りました。

いきなり何でこんな事を始めたのかというと──

空LS活動ではメインジョブ狩人で活動中の私。狩人のお仕事は、遠隔攻撃と緊急時に時間を稼ぐ影縫いもそうなのだけど、もうひとつ重要な役割として四神に"弱体アイテムを投げつける"という事があります。狩人は投擲スキルがAの忍者には及ばないのだけど、エンドレスショットを使ってアイテムを消費しなくて済む大きな優位点があります。だから投げるのは狩人の役目。で、いつもは私じゃない狩人の人がこの役をこなしてました。

ところが──

先週の空活動で、用事でその方が予定時間より早めに帰られました。残った狩人は私だけになったのです。
そして、「四神"青龍"をやろう」という話が持ち上がり・・。

私が弱体アイテム"ゼファー"を持ち合わせていなかった事(この理由がこの時の最も重要視する点だったのですけども)、そして、投擲スキルが極端に低かった事で、この話はお流れになりました。

ゼファーを青龍に当てないと、青龍の通常攻撃には風属性の追加ダメージが上乗せされるんだそうです。しかもその追加ダメージこそが最も恐れる攻撃なのだとか。青龍の百烈拳が発動されれば、その結果は火を見るよりも明らかでしょう。・・正直、初めて知りました。すみません。

──そんな事があったので、先程の修行話と相成りました。コロロカのスライムで投擲スキルが30→80まで上がりました。それ以上は上がらない様だったので、今はクフィムでお化け相手にチャクラムを投げてます。この修行の時は忍者の方が良い様ですね。回避は高いし、投擲能力はAですから。
ただ私のLVは54。だから、相手が弱い内に上げられるだけ上げておこうかと思います。残りは狩人として頑張るしかないっ。

「目指せ、役に立つ狩人。脱せ、金魚のフン」 とほほ。

*
キーワード :
カテゴリー : FF11

こめんと。

ラピさん
私が言うの忘れるといけないから書いとく。

投擲上げはメイン狩でブーメラン(弾数の無い奴)投げたほうがいいと思います~。

オプチとドラゴンリング+で飛命中ブーストできますし、
アビの狙い撃ちもありますから低くてもあたりやすくなります。
75なら忍者より回避しやすいでしょうしサポ白のオートリフレで回復できると思います。

20090228 003011
ラピさん、アドバイスありがとう~。さらにはヴァナでもTellで教えてくれて。
あの時はナイズルやイベントで周りを待たせていたから、あんまりきちんとお答えできなくて済みませんでした。

そうですね~。狩人で出陣した方が、まず私も楽ですしね(^_^;
それに、忍者LV54と狩人LV75のスキル差が、投擲(忍173/狩220)、回避(忍173/狩200)との事なので狩人で行った方がメリットありそうです。

20090228 103255

とらっくばっく。

次のURLをこのアイテムのトラックバックに使って下さい。

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.