| Next»
20060110

2006年1月8日。ウィンダスリージョン制覇を目指すLS「ウィンダスGF」主催の新年会が開催されました。

私が参加させて頂くのも、もう3回目になります。今までは開始時間ぎりぎりに会場へ到着する様な有様だったので、今年は例年に無く早く行動をとりました。30分前行動っ。

キーワード :
カテゴリ : FF11---LS:みずみず団

公演が落ち着いてから初のロングバケーションinヴァナディール。「暇~」と2人して時間を持て余していたはやひーさんと私は、私の私欲による思いつきからBCNM"死生の苦輪"に行く事にしました。狙うはトレーラーククリ。遠隔攻撃の命中修正(飛命)が+14にもなる優れ物です。"死生の苦輪"はLV60の3人PT制限、能力の違うお化け4匹のどれかを選んで対決します。倒せた時に得られる物の中には高値で取引されるアイテムがまれに含まれるのです。そのひとつがトレーラーククリ。競売価格、只今60万ギルでござい~。

私、叫んで同行者を募ります。はやひーさん白魔道士でわたし狩人なので「盾ジョブさん募集~」と叫んでは次のフロアへ。ジュノ港から下層、上層、そして最上層のルルデの庭と辿り着きました。しかし「し~ん・・」と反応全く無し。獣人印象を60枚も一気に消費しちゃうBCNMだから気軽にやろうという気にはなれないのかな~。とりあえず今度は元来た道を引き返しつつ再度叫んでみます。港到着~。すると、赤魔道士さんからの参加希望Tellが。この際、せっかく声をかけて頂いたのだからその機会を不意にはしたくなくて、PT構成なんのそのでその方をPTにお迎えし、フェ・インへと向かいました。

途中、フェ・インを目前に私、バックトゥジュノ。ごめんなさい!! 弓、LV71装備でした!! 他はLV60に合わせて用意してたのに。お二人に迷惑をかけつつ、再度フェ・インへ。こんな時に、間の抜けた事はしたくないです・・ホント。

フェ・イン内ク・ビアの闘技場に到着した私達は、私、はやひーさん、赤さんの順にBCNMにチャレンジする事になりました。初回、私の番です。お化けはマードックを選択しました。このお化けは突攻撃に弱いはず。私の矢でいちころりん~・・のはず・・なんだけど・・。おかしい。私の矢が通らないってどういう事!? 撃てども撃てどもお化けのHPは全然減らず、逆にこちらはHP、MPがじんわり無くなっていきます。お化けは相変わらず「ふぉふぉふぉふぉ」と笑いながら呪詛を降りまき。二人のMPが100を切ったところで私、撤退決定。お二人を先に逃がし、私は影縫いでお化けを足止めしつつ、外へと通じるバーニングサークルへ。で振り返って「/angry」、じだんだを踏んでから退出しました。私の獣人印象60個が~っ(泣

赤さんがフレンドに尋ねたところ、狙うべきお化けはマードックではないとの事。・・てか、フレンドさんが目の前にいらっしゃる。私と同じ狩人さん。改めて聞いてみると、突攻撃に弱いのはどうやらパーシーらしく。それじゃぁ今度はパーシーで、とはやひーさんの番に。

はやひーさんの番、赤さんの番、共に危な気無く倒せました。・・私が一番最初で良かった。色々迷惑かけたのに、選ぶモンスターまで間違ってたら目も当てられない。涙を呑んで喜んだ今回のチャレンジでした。

・・後々判った事。私が知っていた知識は過去のもので、少し前にお化けの属性に変更があったんだそうな。問題は・・、私が調査に利用していたウェブサイトにも、ページの下の方にその旨掲載されていた事。
・・結局は私のドジ。
○○OO0ooo。。... 穴があったら入りたい・・

キーワード :
カテゴリ : FF11---LS:みずみず団
20050502

エンプティーノートリアスモンスタークエスト、通称ENMクエスト。みずみず団のみんなと一緒に行ってきました。
目指す場所は虚ろなる闇=プロミヴォン-メア・ホラ・デム。3ヶ所一気にまわっちゃおうという魂胆です。
総勢8人。ミッションのプロミヴォンだと最終のボス戦は人数制限を受けるけど、これはENMクエスト、7人以上はクリア時に貰えるEXPが減るだけなので全員でボス戦ができます。

さて、みんな揃ってレッツラゴー。
ぺひょぺひょ進んでは、フロアからフロアへとワープするゲートの門番をやっつけて、さくさくと進むご一行。順調に進んで、デム、メアとクリアできました。それなりに障害もあり、初戦ボスにかげちさんがちょっとバタンキュ。けどそれ以降危なげなくクリアでき。貰えるEXPは2000オーバー、貰えるアイテムはごく普通。LVが上がっちゃった人もいて。この調子で最後のホラも楽勝かなぁ~というムード。

ところが。
プロミヴォン-ホラ。
ゲートの門番"Memory Receptacle"の出現場所は限られているので、あっちに行っては門番を倒し、こっちに行っては門番を倒しする私たち。けど、何故か一向にゲートは開きません。こぼれるため息、落ちる志気。南に東に往復するその間には、西洋風の墓地の様な柵が張り巡らされた場所が邪魔して素直に歩けず、ここに巣くう虚ろなる物に襲われる襲われる。楽しかったですけどね(^-^; うろうろ~。うろうろ~と何度かさまよい、ようやく開いたゲートにみんなから歓喜の声が上がります。
その後も結構苦戦しつつ、NMも発見しつつ、絡まれたくないモンスターに絡まれつつ、最後は絡まれながらゴールへと飛び込みつつ、ようやくボスの居る間へ。

え~・・飛びかかってすぐ。
いきなり呪われ、眠らされました。眠気覚ましの毒薬、持ってきてたんだけどなぁ。使うのすっかり忘れてました。隣のフェンリルと一緒にぐーすぴ寝てました。それでもみんなは獅子奮迅の戦いを展開し、不安定ながらもボスCogitatorのHPを削っていきます。誰かのHPも大きく削られていたみたいです。が、私は強制観客モード中(油断大敵事故の元ですね)。なんとか目が覚めたので、振り向きざまイーグルアイを撃ち込んだら・・倒しちゃいました。
いいとこ取りしちゃいました。

良い物もこの時出たらしく、その報酬は競売にかけた後という事でまた後ほどの話になるのですが。
兎にも角にも、みんなと楽しく遊べて嬉しかったクエストでした。
最後はすっごく眠かった・・。まさかホラであんなに長い事ゲートが開かないとは思いもよりませんでしたから。

キーワード :
カテゴリ : FF11---LS:みずみず団
| Next»