できごと。

ちょっとうれしかった事

20050805

会社での事です。
2ヶ月以上もの間、毎日の様に受け取っていたウイルスメール。4日、送信元が使っているプロバイダにその旨を伝えて対策をお願いしたら、翌日の今日、対応した旨のメールが届きました。長い間の不快感(と言っても微々たるものですが)と、お願いしたら早速に対応して貰えた事が、なんだかすっごくうれしい感じです。

お問い合わせをいただき、ありがとうございます。
OCNカスタマサポート担当 ***と申します。

この度の件につきましては、発信元となりますユーザーに対し、感染の旨をお伝え致し、あわせて「最新定義ファイルによるウイルスチェック」「駆除方法」につきまして連絡させていただきました。

もし、一週間経過後も同様のメールが着信するようであれば、引き続き対応をさせていただきますので、大変お手数とは存じますが、最新のウイルスメールのヘッダ情報をお知らせいただけますようお願い申し上げます。

お手数ならびにご心労をお掛け致しましたこと、お詫び申し上げます。

2ヶ月も放っておいた理由は・・単純に、対応するのが面倒だから・・というと怒られそうなので言い換えると、"ウイルスメール送信者による自己解決への期待"と"証拠集め"といったところでしょうか。

ただまぁ、"自分で解決"というのはまず無理だとは思うのです。ウイルスを受け取った側は送り主を特定できませんし、送り主側には"いついつメールを送った"という記録が残っていないから気付かない。しかも送り主のパソコンに登録されているメールアドレスが知らない人(=受け取った人)に判っちゃう。

ウイルスメールの送信者・受信者になっているメールアドレスは、感染したパソコンに登録されたメアドからランダムに選ばれた物。最近のウイルスはそういうものなのです。質が悪いったら無い。

こちらが出来る事といったら、受け取ったウイルスメールのヘッダ情報というものから送信元の利用しているプロバイダが判るから、そこにお願いする事くらいです。そして、今回はそのお願いが実を結んだ、という訳でした V(^-^)

ウイルスに感染していた人もこれで自分の交友関係やらが漏れなくなる訳ですし、感染したパソコンにメールが登録されていた方はようやく知らぬ所で自分のメアドが悪い用途に使われなくなる訳ですし、プロバイダはよけいな事で回線を圧迫される事がなくなるし、私の方もうっとうしいメールが届かなくなる訳ですし、みんな共に万々歳ですね。

*
キーワード :
カテゴリー : インターネット

こめんと。

コメントはまだありません

とらっくばっく。

次のURLをこのアイテムのトラックバックに使って下さい。

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.