できごと。

Wiggle支払い、円じゃなくポンドでだとさらに安かった!

20110807

スポーツバイクに乗る時のウェアやその他を、海外の通信販売「Wiggle」で購入しました。

この買い物の時ふと疑問に思ったのが、Wiggle内の円換算。
円高が進む昨今、イギリス通貨1ポンドの円換算が127円前後を推移中。なのに、Wiggleの円換算はここしばらくずっと140円/ポンドなのです。

で。試しに128ポンドのお買い物を円ではなくポンドで支払いしてみたら・・

17910円→16592円。案の定、1318円も安く購入する事ができました。

グリーンが好きな私。だけど、ロードバイクの世界では緑が特別な意味を持つからか、なかなかこの色の一般的なサイクルウェアが取り扱われていなくって。
海外通販のWiggleにまで手を広げてようやく1着を購入です。

このWiggleって言うのは、イギリスにあるスポーツ商品の通販サイトです。
為替マジックの所為か、日本で購入するよりも安く購入できちゃう物が多く扱われています。
さらに、ウェブサイトが日本語表示にも対応する様になり、以前に比べて随分と取っつき安くなりました。ウェブサイトの「International Option」欄で、Language(言語)を日本語、Show me price in(通貨)をJPY Japanese Yen(日本円)、Ship my orders to(配送先)をJapan(日本)、に切り替えてUpdate(更新)ボタンを押せば、「このサイト、ホントに日本の会社のじゃないの?」といった見栄えに変わります。

で。

そのまま決済を済ませると、表示された日本円の額での取引ができてしまうのです。

で。

Show me price in(通貨)だけを、GBP United Kingdom Pounds(英ポンド)にした状態で決済をすると、ポンド支払いになります。

Wiggle内の換算。数値はウェア他の購入価格

Wiggleではポンドで買い、Paypalにて円-ポンド変換

私は支払いにPaypalを利用しています。
今回のお買い物を、Wiggleに対して円で直接支払うと、140円/ポンドで計算される事になります。
一方、Paypalにポンド/円両替を任せてWiggleに対してポンドで支払うと130円/ポンドで計算されました。為替相場が128円/ポンドでしたから、Paypalは2円ほど手数料を取っているのでしょうけど、それでも支払方法を変えるだけで10円/ポンドの違いがありました。

これは想像ですけど、この10円/ポンドって、Wiggleの社員が銀行へ福沢諭吉や夏目漱石を持って行ってポンド札に換える手数料、っていう事なんでしょうかね(^_^;

*
キーワード :
カテゴリー : 日常生活

こめんと。

あさりさん
相方あさりがつっこみます!

おそらく、概ねの会社は毎日変動する為替相場に合わせて
表示金額や仕入れ値、出し値を計算するのは大変なので、
近い一定の期間の平均的な(切りの良い)数字で
計算をすることが多いかと思います。
そのためWiggleの計算は140円換算にしているのでしょう。
あまり円高が続いたり金額が離れすぎると、
修正もするでしょうが、変動して戻る可能性が
あるなら修正しないかもしれません。

当然為替売買の手数料もあるけどね。

Paypalだと、支払いが確定している(為替売買を実行してる)ので、
最低限の手数料で済みます。
レートは前日の中値で計算だっけな?
(会社や銀行によっても違うのかもしれないけど)

20110812 075317

とらっくばっく。

次のURLをこのアイテムのトラックバックに使って下さい。

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.