できごと。

ニューマシン AVANTI Quantum 1.0 購入! きっかけ編

20110723

やっちゃいました。買っちゃった! 2台目のロードバイクに手を出してしまいました。

AVANTI Quantum 1.0 ──

既に1台、レース向きのロードバイク「COLNAGO ARTE」を持っている我が身としては、同様にレース向きのロードバイクに手を出すのは気がひけるところだったのです。

だったのですが、もう、勢いです!

カーボンFRP製のバイクが欲しかったから。それも購入に踏み切った理由のひとつではあります。
クロモリ鉄製のラレーCLB、アルミ+カーボン製のコルナゴARTEを乗っているので、やっぱり次はフルカーボンのフレームに乗りたい。

でも、ARTEがまだ現役で飽きがきている訳でもない今、2台目を急いで買う必要は無いって思ってました。
相方のあさりと接触事故をした時から脛(すね:左チェーンステー)に傷を負ったARTEに、私はむしろ愛着を感じています。色々と手を加えているし、ずっと一緒に走ってきましたからね。

2台目を買った真の理由──それは、カラーです。
私が好きなカラーはグリーン。でも真緑一色が好きな訳ではなく、他の色と程よく存在するのが良いのです。
毎年ひっきりなしにモデルチェンジがあるロードバイクですから、これ良いなと思ったカラーやデザインの物がいつまでもあるとは限りません。ブルー・レッド・ホワイト・ブラック「以外」のカラーは特に、です。

今持つCOLNAGO アルテを買った時も、本当は2008年モデルのグリーンが欲しかったのです。だけど、購入を決意した2009年時にはそのカラーは既にどこのショップも売り切れだったし、2009年モデルにそのカラーは存在していなかったのでした。
今なら、COLNAGO C59 ヨーロッパカーモデルが、私の好みのカラーです。が、50万円以上もするコルナゴ最上級のフレームにはさすがに手が出ません。値は高すぎだし、フレーム性能が私の未熟さから見るに絶対手に余ります。
アルテのカスタムペイントも考えたけど、アルテのカラーリングもそれはそれで気に入っているので、これを消すのはためらわれ。

そんな時、そのカラーをまとったロードバイク、つまりはAVANTI QUANTUM (アバンティ カンタム) 1.0を、東京のスポーツ自転車ショップで見てしまったのが、この購入劇の決定打でした。

ふらっと寄ったショップで、その自転車を発見。
聞いた事のないブランドだったけれど、カーボンフレームのホワイト地に描かれた黒とメタリックグリーンのラインが、走っている時にフレームをなでる風の流れの様。「このカラーいいなぁ」とは思いつつも、まだこの時点では買うつもりは無し。「自分にはアルテがあるから我慢我慢」と自分自身に言い聞かせつつ、でも「見るのはタダだから」とじっくりそのフレームを観察して帰りました。

家に着いたらネットで検索。調べたのはジオメトリ(形状・サイズ)、それとユーザーの利用状況です。
カーボンバイクって、フレームの固さ柔らかさは見ただけじゃわからないんですよね。柔らかなのは、フレーム自体が路面からの衝撃を和らげてくれて長く乗っても人に優しい長距離タイプ。固いのは、ペダルの回転を余すところ無く推進力に変換、きびきび反応してくれるレースタイプ。私が欲しいのは、固めのフレームです。
試乗ができると良いのだけど、さすがにそれはできない。となると、利用者の感想が重要な情報源となる訳で。そこでインターネット検索の出番なのです。
で調べてみると、このカンタム、海外も含むトライアスロンレースに出てる選手に供給されているフレームなんだって。プロユースという事は、脚力が強いだろう人に使われる程固めなフレームなのでしょう。なら、希望とばっちりです。
ヘッドチューブが短いジオメトリからも、レース指向の造りじゃないかなぁ、と感じました。

で、間を空けずにまたショップに寄っては、またじっくりとそのロードバイクを観察。
「みどり、良いなぁ~」

そして、募った購入欲はついに限界を超えました。
もちろん相方あさりに許可を得て。
最近お世話になっている最寄りのスポーツサイクルショップへ発注しちゃいました!

ショップの方は私が既にロードバイクCOLNAGO ARTEを持っている事をご存知でした。まだ2年も乗っていない事もご存知でした。ついでに、私この前「ARTEを5年は乗って、それから新しい自転車を買う」なんて話をしたばっかりだったりしました。
でも、私が大の緑好きなのもご存知。
私のニューマシンの発注には内心いろいろ思うところがあったんじゃないか、なんて想像しますね。発注する私自身、前言をひとつきも経たず覆してしまった気まずさを感じながらでしたし。

でも、ま、良いのです! ARTEも乗ります。Quantumも乗ります。CLBだって乗りますよ~。
細かいつっこみは無しの方向で。

*
キーワード :
カテゴリー : 趣味/自転車

こめんと。

初めまして。福井県小浜市でロードバイクが趣味の井上と申します。
私もAVANTI Quantum 1.0を昨年秋に購入したのですが、まだ日本ではマイナーなブランドなのか、他に所有している方を初めて拝見して感激したので、投稿させていただきます。
私も購入のきっかけは「緑」で、あまり性能等はよく分からなかったのですが、思いのほか乗りやすく、軽くてレスポンスも良いので大変気に入ってます。
ただ、緑はパーツ類も少なく、色合わせに苦労しますね。近いうちにバーテープを緑にしてみますが、合うかどうか不安です・・・
これからまた情報交換させていただければ幸いですので、何卒宜しくお願い致します。
20110919 113052
> 井上様
初めまして。コメントをありがとうございます。
Quantum、どころか、AVANTI、確かにあまり見かけないですよね。
記事にも書いた「ネットで調べたユーザーの利用状況」ですが、AVANTI代理店のアレッセコーポレーション以外ではわずかに1件見つけたのみ。使用感の記事に至っては0でした・・
でも買ってみたこのマシンの乗り味はとってもGood! 私も満足しています。
またお越しいただければ嬉しいです。きっかけ編の後には、購入編、感想編と続く予定です。(手書きのメモにはしてあるんです。けどタイピングに至っていない訳です)
20110919 211706
お返事有難うございます。
実はフルカーボンは初めてだったのですが、知り合いの有名ブランドのフルカーボンを乗せてもらったときに、
Quantumは回しやすさとレスポンスが高次元でバランスしているフレームだと感じました。
150kmのロングライドでも疲れが残らないし、坂でもよく反応してくれます。
といっても自分だけでは自己満足かもしれないし、他との違いが分かるほど乗り込んでおりません。
続編も楽しみにしております。
20110919 230115

とらっくばっく。

次のURLをこのアイテムのトラックバックに使って下さい。

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.